長時間仕事をした後の蒸れた足

 わたしは、以前、外で動き回る体力の必要な仕事をしていて、足には常にスニーカーを履き、一日中、靴を脱ぐこともなく仕事していました。
 
そんな時、仕事後に合コンがあったので、そのまま出かけてしまったので、合コン会場の居酒屋は、畳のお座敷で、わたしは、そこで初めて靴を脱がなくてはいけないことに気づき、とても焦りました。が…帰るわけにもいかず、臭い匂いがばれないようにと祈りながら、苦痛な時間をすごしました。

 反省したわたしは、居酒屋からの帰り道、足裏用の消臭スプレーを買いに走りました。それからは、合コンに誘われると、会社の水道で、足を洗い、消臭スプレーを吹きかけ、靴下をかえ、スニーカーを履き替えるようにしました。こうすることで、足の匂いはしなくなり、仕事終わりに合コンに誘われることも怖くなくなりました。

一番、効果があると思ったのは、やはり足を洗うことでしょうか。会社に置いてある固形石鹸で洗っていましたが、十分きれいになりますし、気分もスッキリしました。

会社で洗うのが恥ずかしかったら、消臭スプレーをかけて、靴下や靴を変えるだけでも十分効果があると思いますよ。

今は、仕事を辞め、足の匂いに悩むこともなくなりましたが、当時に比べると、足裏グッズがたくさん出ていて、この状況が6年前だったらなぁ。とよく思います。

足の臭いに効果があった方法

足の臭いに悩まされて10年以上、昔から学校帰りや仕事帰りに
足の臭いが本当に気になって仕方ありませんでした。

友人の家に招かれた時も、仕事終わりで座敷の飲み屋に行く時も、
本当に周りの人たちが気にしていないか、気が気ではありませんでした。

そんな私が試して本当に臭いに効果があった方法は、こまめな洗浄と靴下の交換です。

まず足の臭いが出てしまう原因は、足の汗によって活発になった雑菌によるものです。
私は元々汗をよくかいてしまう体質で、特に靴の中で蒸れてしまう足は異臭を出しやすい状態だったようです。

そこで、足をこまめに洗浄することを心がけました。
帰宅後に風呂場でまず足だけを洗浄し、
家を出る前にも必ず足は洗うようにしました。

また、靴下を交換するのも非常に有効な方法でした。
余分に靴下を持っていき、飲み屋だったり友人宅に上がる前に交換して置くのです。

雑菌などが繁殖し、靴下や靴に汗と共に移ることで、臭いを出していたので、
靴下を交換するだけでも、かなり臭いを抑えることができました。

もちろん交換した靴下を入れて置くためのビニール袋も持ち歩くようにしましょう。

これだけでも、根本的な解決にはならないものの、大幅に足の臭いを抑えることができます。
もしも私と同じように足の臭いで悩んでいる方がいるのなら、
上記の方法を試してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする