日頃からしっかりと抑制しないといけない

足の嫌な臭いの発生は靴下や靴の不衛生な状態や足裏の汗やストレス、水虫、汚れた角質などによって起こる現象となっていて、自分も過去に足の臭いに悩まされていたことがありましたが、水虫と足の角質の汚れを除去したら臭いもなくなり、改善・解消できております。

改善・解消できているといっても今もしっかりと水虫対策をしつつ、足の角質の汚れをしっかりととったり、足の指の間の部分やかかと、足裏全体のケアとか衛生面を保つためにケアグッズを使いつつ、お風呂で身体を洗う時に入念に洗っていたりします。

また、靴や靴下の清潔感もしっかりとしていて、靴の臭いをとるために10円玉を入れたり、靴下は家用と外用をわけてつかったりしています。足の臭いは足裏に付着している雑菌とか細菌が原因によって発生することも多いので日頃からの対策が必要となってきます。

ストレスを溜めやすい人とかは特に精神性の発汗によって足裏に汗をびっしょりかいてしまうこともあるので注意する必要があり、これは自分も同じ経験をしているので注意喚起とさせてもらいます。

足の臭いは周囲の人たちを不快な思いをさせてしまうのでしっかりと日頃からケアや対策をとりつつ過ごしていくのが重要であります。

足のにおいをとるために、私がしてきたこと。

パンプスを履いての立ち仕事をしていると、どうしてもパンプスの中が蒸れて、くさい臭いを放つ。人が自分に近づく度に、くさいと思われたら嫌なのでその時は極力足を動かさない。なぜなら動く度に靴の隙間から臭いが漏れるため。

私が今までしてきた足の臭いを取る方法は、
お風呂で足を洗う時、まず桶にお湯を入れ、足を10分つけておく、その後、桶のお湯を変え、桶のお湯の中にボディーソープを入れて、あわ立てる。桶に足を入れて10分待つ。その後足をスポンジをつかって洗う。

ここでのポイントは指と指との間が意外と忘れがちなところなので、しっかりこすって汚れを落とす。お風呂から上がったら足を拭いて、その後ミョウバン水を霧吹きする。足に1-2プッシュする。

履く靴等に関しても同じ種類のものをスペアとして買っておくのがベスト。一ヶ月ごとに変えて履くことにより臭いが軽減される。一ヶ月使った靴は100円均一などの靴の匂い取りを使う。靴の中に匂い取りを入れ、ビニール袋でしっかり密封をする。

こうすることにより、次に履くときに、くさみを感じることがなくなる。さらに、市販のデオナチュレ足指さらさらクリームは、におい防止のために効果的威力を発揮するので、仕事に行く前、靴下、ストッキングを履く前にぬることをオススメする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする