発生原因は爪垢とか角質、雑菌とかが関係している

足の臭いで悩んでいたことが長期間ありましたが、原因となっている部分を改善・解消したりすることによって治り、抑制もできるようになっているのでホッとしております。

足の臭いって色々なところから発生させたりしているため、根本的な原因を見つけ出すのが大切であり、自分の場合は爪垢とか足の指の間の皮膚の汚れ、かかとの角質の汚れ、足ん指の爪垢とかが原因で足の臭いを発生させていて、そこを改善・解消することによって治すことができております。

足の裏とか足の指の間をはじめ、爪の隙間やかかと部分とかは雑菌とか細菌が潜伏しやすいところとなっていて、足裏は汗をかきにくい部分ではあるけど、動き回っていたり立ち仕事とかで長時間立ちっぱなしでいるといつの間にか足の裏に汗をかいていたりするものであります。

ストレスを溜めやすいひとも自律神経が乱れ足裏に汗をかきやすくなってしまい足の臭いを発生させてしまう原因を作ったりしてしまうのでストレスを溜めやすい人とかも注意する必要があります。

自分が足の臭いを改善・解消した方法としては身体を洗う時とかはしっかりと足の裏全体や足の指の間の部分とかかと部分をしっかりと洗い、清潔感を保ちつつ、寝る時用の靴下と外へ出るときようの靴下を使い分け、靴の衛生面もしっかりとしたことにより足の臭いの発生を減らすことができております。

足が臭くならない方法は色々とあります

足の臭いは爪垢やストレス、雑菌、水虫、かかとの角質の汚れなどが原因で発生したりすることが多く、自分も足の臭いに悩まされていた時が長期間ありましたが、根本的な原因をしっかりと改善・解消することによって臭いの発生を抑制したり、発生しにくくさせることはできます。

自分が経験してきた中ではありますが、足の臭いを発生させないための対策方法について説明したいと思います。足の臭いを発生しにくくさせたり抑制したりするには必ずお風呂へ入って身体を洗う時に足の指の間、爪付近、かかと、足裏全体は必ずしっかりと優しくソフトに洗うようにお願いします。

そして、足裏の汗を長時間放置しないこととか足裏に汗をかきやすい場合は替えの靴下を持参することとか、靴や靴下の清潔をしっかりと保つことも大事となっており角質ケアも徹底するようにお願いします。実は靴も足の臭いを強めてしまうこともあるので定期的に掃除したり天日干しして靴の中もしっかりと対応する必要があるのであります。

ストレスを溜めやすい方とかは精神性の発汗とかも起きたりすることがあり足裏とかも汗をかきやすくなってしまうのでそういったことも考えてできるだけストレスを溜めないように対応することも必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする