ニャオワンとノーノースメルを比較してみると…。

気になるニオイを抑え、同時に角質にも働きかけるWケアで、もう悩まない足に…。清潔キープ、角質ケアができるアイテムが、今注目です。

なかでも『ニャオワン』は、希少なノーベル賞受賞成分を配合していることが最大の特徴で、皮膚を正常に保つ「EGF」で足裏の快適さキープ。

また、強い抗酸化作用でアンチエイジング効果が期待出来る「フラーレン」で24時間快適足裏を実現させてくれます。

その他にもアンチエイジング効果が期待出来る「乳酸菌」などで古い角質ケアに特化させ、肌を整える効果が期待出来る美容成分、天然成分にもこだわっています。

一方、『ノーノースメル』も『ニャオワン』同様、足のニオイ対策用薬用クリームとなっています。

防臭、汗対策、殺菌、角質ケアを網羅した、足環境を整えるクリームであることが特徴です。

「イソプロピルメチルフェノール」と「柿タンニン」、収斂作用に優れた植物成分が有効成分です。

ニオイの原因となる悪玉菌の殺菌・防臭、清浄・角質ケアに着目し、足のニオイを徹底的にケア。

この両者の違いは、やはり何と言ってもこれら有効成分。それと、ジェルタイプを採用した『ニャオワン』に対し、クリームタイプの『ノーノースメル』です。

>>ニャオワンの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする