ボシキュウに角質が溜ってしまい・・・

足のかかとに角質が溜ることはよくありますが、わたしはかかとの角質よりもボシキュウの角質に悩みました。ボシキュウは足の親指の付け根あたりにあるちょっと肉が盛り上がったところ。ここに角質が溜って硬くなったことがよくありました。

その原因ははっきりしています。ここに負担をかけていたクラシックバレエレッスンが角質が溜り続けた理由。バレエシューズを履いてレッスンをしますが、それでも体重をいつもつま先付近に集めてバランスを保つのでここの筋肉が発達し角質も溜ってしまうのでした。

クラシックバレエを辞める気はありませんでしたからボシキュウの角質は気になったときに削り取ることになりコレがなかなか面倒でした。だけどコレをしないとボシキュウの角質がどんどん溜ってどんどん固まるのでバレエレッスンの妨げになります。ボシキュウでバランスを保つようにするためそこが気になる状態ではまともにレッスンできませんし上達もできません。

面倒でしたがクラシックバレエを続ける間は角質ケアを続けていました。やり方はやすりで角質を削ってその後保湿クリームを塗り靴下をはくだけ。簡単そうですが角質を削りすぎてもレッスンに支障が出るので気を遣いましたよ。

足の裏を洗いすぎるのもイマイチ

足の汗対策でコレはイマイチだったと今でも感じるのは足をこれでもかと洗うこと。ゴシゴシボディータオルで足の裏をこすり洗いする方法は一見すると足のニオイ対策として欠かせないと思いますが、わたしはちょっと感じ方が違いました。足の裏も普通の肌なんです。肌は全て繋がっていてどこかで分かれているなんて妙なことにはなっていないですよね。手を洗いすぎると手肌が乾燥してしまうように足の裏も洗いすぎるとまちがいなく乾燥します。

足の裏が乾燥するとあたりまえだけどカサカサしてきます。そのかさかさを通り越すと今度は肌がガサガサします。肌の油分が肌をこすり洗いする度に取られているとそのうち角質が厚くなります。刺激を与えすぎても良いことないんですね・・・。おまけに足のニオイは解消できませんでした。

足のニオイは足の裏が汚れていることも原因ですが他にもいくつか原因があるんですよ。たとえば精神的なストレスが多い人はたったそれだけの理由でも足の裏にたくさん汗が出て、そして臭うんです。その汗の質はとても悪くてベタベタした汗。サラサラした汗とベタベタした汗は成分が多少違うようですよ。このべたついた汗が出ると足裏はすごく臭うんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする