テレビCM「ここがポイント!太陽光発電」

【注目】売電でこんなにお得!

いちばん簡単な太陽光発電の教科書

【話題】太陽光発電の教科書

<全国対応>
総人口の約95%カバー

太陽光発電 用語集

基本用語から専門用語まで、太陽光発電に関する用語を幅広く集めました。

用語一覧へ戻る

【屋根勾配(やねこうばい)

屋根勾配とは、太陽光パネルを設置する屋根の傾きの事です。
その場所に設置していかに効率よく太陽光を集められるか、を考えた角度が屋根勾配ということになります。
パネルが真南を向いていれば一日を通して太陽光が集められるので一番効率的です。
肝心の角度ですが、どの向きにせよ30度が理想と言われています。
真南を向いていて30度程度の傾きがあれば効率としては理想ということになります。
ですが、20度から40度の範囲であればこれもある程度の量が期待できるので、問題はありません。
可能であれば、設置前に屋根勾配を調べておいてくとよいでしょう。

屋根勾配
<ひとくちメモ>
屋根の向きだけでなく屋根の勾配も発電量に影響があります。
また、勾配がきつすぎたり緩すぎたりすると、メーカーの施工基準からはずれてしまう場合もあります。
おすすめコンテンツ
屋根タイプ別メーカー比較 ご自宅にあったメーカーがわかる
国・自治体の補助金情報 住んでいるエリアの補助金がどのくらい出るのかチェック
太陽光発電の費用と効果 どのくらいで初期費用の回収ができるのか目安を確認
ページの先頭へ戻る